社会や結婚式場でも挨拶は私たちの基本です。

両家が納得して決められた事であれば、その意見を元にして結婚式場やその他の準備をしていけば良いという事になります。

みなさんは今までにこのような経験をされた事がおありでしょうか。

この準備段階には色々な事情が含まれながら執り行われるという事になりますので、今から結婚をしようとされるお二人には精神的なプレッシャーが科せられる事となるでしょう。

特に両家の意向を伺うような際にはその心理面では緊張する事となります。

特に相手のご家族と今までお話をする機会さえありませんでしたから、そのように思われるのも当然と言う事になるでしょう。

とにかく、基本はやはり挨拶となります。

挨拶がしっかりできていれば、ご家族の方も結婚式場をどこにしていけば良いか等、協力してあげようという気持ちが沸き起こってくるものです。

もしも最初の挨拶が不十分であった場合には、それは社会のルールと同じように、そこでその方が判断される事となるかも知れません。

礼儀をしっかりと実践するだけで、その後の運びが大きく変わってきます。

私が働いている結婚式場では、私の希望としましては、できるだけ多くの方々に参加して頂きたいと思っています。

これはあくまでも私個人的な考え方となりますが、いつも参列される方々の事を考えて一生懸命働いていますから、私個人的にもそのような思いをできるだけ多くの方々に伝えていきたいと思っています。

その為に私が普段から気を付けている事は、気持ちの良い挨拶が如何に行なわれるかという事です。

挨拶をする事は、何も結婚式場だけの事では無いと思います。

人間社会で私たちが生きていく為には、どこの場所であったとしても基本的に必用となる行為なのではないでしょうか。

挨拶ができていれば、それだけである程度のこちらの意図や思いがお客様に通じると思っています。

これと同じように、これからご結婚をされる方々も、両家への正式なご挨拶や、式当日での挨拶など、色々な場面において求められている事と思います。

良い挨拶がお互いにできて、とても良い結婚式になるようにしていきたいと思います。


Comments are closed.